Open Arms 、今 両手を広げて


内容紹介
1978年のスティーヴ・ペリー(Vo.)加入後、独自のサウンドを確立し、ファン層を拡大していたバンドに、ジョナサン・ケインがキーボーディストとして加入。ジャーニーが目指していた方向性と見事にかみ合い、世界規模での人気が爆発し、初の全米アルバム・チャート1位を獲得した1981年発表作品。「ドント・ストップ・ビリーヴィン」(全米9位)、「オープン・アームズ」(全米2位)、「クライング・ナウ」(全米4位)など、大ヒットシングルを連発。



Journey - Open Arms (Live)


暗闇の中で
君の隣に横になる
二人の鼓動を重ね合わせて
君はそっと囁く
あなたは運命の人ね
どうして僕らはこんなにお互いに夢中なんだろう
一緒に船出をして
バラバラになってしまったけど
君はここにいる
僕の隣に


さあ 今両手を広げて
君の元へ
何を隠すものはない
僕の言葉を信じて
僕はここにいる
両手を広げて
君の愛が僕にとってどれほど大事か
わかってほしいんだ
今 両手を広げて


君なしで生きてみた
一人きりで
からっぽの家はとても寒く感じるよ
君を抱きしめたかった
君を近くに感じたかった
どれほど君の帰りを待っていたことか


今 君は帰ってきた
夜は明けた
僕のそばにいてほしい


さあ 今両手を広げて
君の元へ
何を隠すものはない
僕の言葉を信じて
僕はここにいる
両手を広げて
君の愛が僕にとってどれほど大事か
わかってほしいんだ
今 両手を広げて