双極性障害と共に生きる仕事人かつの生涯寛解を目指して

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

いまは、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしています。

医師、社会と上手につきあうことを目指しています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っています。

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業します。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われました。

ということで、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。(2017年6月18日)

寛解のために、軽く目を通した「双極性障害のための認知行動療法ポケットガイド 」


内容紹介
双極性障害の当事者ルース・ホワイトとメンタルヘルスの専門家ジョン・プレストンによる、当事者だけでなく家族・パートナー・友人などにとっても役に立つ,双極性障害をよく知りよくサポートするための最良の入門書。
 躁体験+うつ体験を振り返るためのワーク「Action Step」や、自分の症状をチェックするためのチャートがふんだんに盛り込まれた全9章は、日々課題をクリアしながら双極性障害に対処できる実践ガイドになっている――気分の波に飲まれやすい双極性障害という体験を医学研究ベースで紹介した「第1章 双極性障害を理解する」。未だよく知られていない治療法を概説した「第2章 治療を受ける」。継続的な服薬の工夫や薬の副作用を紹介した「第3章 薬を飲む」。双極性障害の「引き金」となる物質・環境・習慣・出来事を紹介した「第4章 症状の引き金を見つけ気分を追跡する」。ストレスと気分との関係を探る方法とそこから解放されるための工夫を教えてくれる「第5章 ストレスを最小限に抑える」。よい睡眠習慣のコツを伝授した「第6章 たっぷり睡眠をとる」。運動と気分との関係や運動を習慣化するヒントをまとめた「第7章 運動を習慣にする」。理想的な食生活を紹介した「第8章 適切な栄養とサプリメント」。そして家族や友人や仕事仲間から必要なサポートを受けるための方法をまとめた「第9章 サポートシステムを築く」。
 気分の波に左右されない生活リズムや当事者の持てる力を発揮していくためのヒントが詰まった、コンパクトな双極性障害セルフヘルプガイド!