双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解までのプロセス

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

最後は、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしていました。

医師、社会と上手につきあっています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っていましたが

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業しました。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われ、寛解の維持を目指すことになりました。

2017年6月18日、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。

2017年7月1日、活動を休止しました。

2017年9月29日に就労移行支援事業所を退所します。

2017年10月から就労継続支援A型事業所に通い、働きながら一般就労を目指します。

「意志あるところに道はある」宮里藍

事業所に行くときはこの1枚「孤高のストレンジャー」【孤高】孤独で超然としていること。ひとりかけはなれて、高い理想をもつこと。



Rainbow - Wolf To The Moon


内容紹介
ディープ・パープルをツアー中に脱退後、1984年以来活動を停止していた「レインボー」の名を冠したソロ・プロジェクトを再開させたリッチー・ブラックモア。ビッグ・ネームではないものの手堅いプレイを聴かせるメンバーに支えられ、ディープ・パープルでは成し得ることが出来なかったサウンドを追求し、ロック・ギタリストとしての才気みなぎる作品となった。商業的には大きな成功を得られなかったが、隠れた名盤としてのファンの評価は高い。この後、ブラックモアズ・ナイトを始動させるキャンディス・ナイトも参加。