双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解までのプロセス

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

最後は、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしていました。

医師、社会と上手につきあっています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っていましたが

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業しました。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われました。

そして、寛解の維持を目指すことになりました。

2017年6月18日、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。

2017年7月1日、活動休止しました。

2017年8月から就労継続支援A型事業所に通い、一般就労を目指します。

「意志あるところに道はある」宮里藍

「障害年金と就労との関係性」モヤモヤが晴れました

「第14回精神障害者の障害年金支援研究会」
に参加して、モヤモヤしていました。


きょう、とても説得力があるサイトの記事を見つけました。
モヤモヤが晴れました。


紹介したいとおもいます。
働いていると障害年金は受給できませんか?

精神障害者の障害年金支援研究会

第14回精神障害者の障害年金支援研究会
に参加してきました。


大学の教授の講演はぼくにはあまりピンときませんでした。


印象に残ったことは


平成25年のデータで
支給停止割合


全都道府県
確認送付件数 109,028
支給停止 2,650
支給停止割合 2.43%


くらい


その後


精神保健福祉士のかたと
社労士のかたが各々の立場から
講演をされていました。


その後


パネルトークが行われました。


支給停止の話題になりましたが
みなさん多くなっているとはおっしゃいましたが


就労や収入との基準などについては
明確なお話しはありませんでした。


そこが1番知りたかったのに…

期間満了してから2年

記事「ぼくの職務経歴書」もご覧ください。
障害者雇用で5年間勤めた損保会社を再発入院で期間満了してからいろいろありました。


会社契約期間満了      平成26年10月1日         


              平成27年3月8日   Excel表計算処理技能認定試験3級


大手就労移行支援事業所   平成27年3月26日契約         
              平成27年10月16日終了
              
パソコンデータ入力とコミュニケーションスキル        
ビジネスマナーが中心のカリキュラム                                                                                                                          


通所先変更理由                                    ①パソコンデータ入力系での就活を断念
②営業、施工管理のオファーが多いがいまさらムリ
③郵便物の仕分け・郵送、社内メール便や書類の仕分け・発送、発送物管理・伝票管理の仕事がしたい
④就職率が低いように感じる
⑤基本的には斡旋がないように感じる



新宿就労移行支援事業所    体調不良(うつ症状)     
               平成27年11月25日契約          
               体調不良(うつ症状)
               平成28年2月1日サービス中断  
        
                                         
最大の強み

①有料職業紹介事業許可
②グループ会社及びお客様先訓練
③グループ会社にエージェントー会社
④就職率にかなりの自信がある



問題点
①通所に時間がかかる
②スタッフの方々は親身になり一生懸命仕事をされているとは思いますが、施設の第一印象やその後のことなどに少し違和感を感じている



メンタルクリニック院長所見
片道1時間半~2時間くらいかけての通所はいまのかつさんには遠い感じがする
事業所を変更したいと相談されたころはかつさんも元気で都内のほうが求人も多いと思い許可した
いまは通いやすいところがいいのではないか
メリット、デメリットをよく考えること


相談支援専門員所見 
まず、話の内容から新宿就労移行支援事業所は継続しないほうがいいと思う
なぜなら、電話のやり取りだけでの判断になるが、不信感がいまだにあり信頼関係が築けていない印象をうけた
〇〇の近辺の事業所をできるだけ多く見学して新宿就労移行支援事業所を継続するかも含めて判断したほうがいい


トータルサポーター所見 
新宿就労移行支援事業所がわるいわけではないと思う、とにかくもう1度週5日通えるようになってもらいたい
基本的に先生や相談支援専門員のかたの意見と同感  


関係者のかたの所見によりうつ症状も回復したころ
ここに書かれている内容をExcelで表にしました。


そして


平成28年2月から事業所を6カ所見学し、1カ所体験をしました。
体験した事業所は中堅です。
トータルサポーターのかたとも相談して、お世話になることにしました。


見学といっても表を使ってプレゼンしながら、ぼくの現状を理解したうえでの支援可能かを訴えかけました。


よって、通所していた大手就労移行事業所とかわらないのでお役にたてないといった事業所も数社ありました。


そしたら再発入院です。
3月18日、忘れもしません。


退院は6月10日でした。


そして、退院後はデイケアに通い、現在に至ります。



的確な診察

過眠のことが話題の中心でした。


いま処方されている眠剤は


フルニトラゼパム1mg、2錠
ブロチゾラム0.25mg、1錠


主治医のかたはこの場合、フルニトラゼパム1錠減らせば
改善されるとおもいますと、クールにおっしゃいました。


なぜなら、ブロチゾラムは寝つきをよくし、クスリの効きも短いからと。


的確な診断だとおもいました。


クスリ、たった1錠にかかってます。


どうか、安定してくれ!


なんだかんだで、診察時間は長かったです。


(診察時間)
 約15分