双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解までのプロセス

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

最後は、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしていました。

医師、社会と上手につきあっています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っていましたが

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業しました。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われ、寛解の維持を目指すことになりました。

2017年6月18日、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。

2017年7月1日、活動を休止しました。

2017年9月29日に就労移行支援事業所を退所しました。

2017年10月から就労継続支援A型事業所に通っています。医師の許可しだい、就職活動を開始します。

「意志あるところに道はある」宮里藍

JourneyをBGMに CDの断捨離、先ずはTUBEから、いままでありがとう


今年2015年、デビュー30年のアニバーサリーイヤーを迎え、オールシーズンで活動することを発表したTUBE。「盛夏に発売」とだけ発表されていた自身初のオールタイムベストアルバムの全容が遂に発表となった。
7/15に発売される「Best of TUBEst ~All Time Best~」と題されたこのアルバムは、1985年のデビュー以来日本の夏を数々の名曲で彩ってきたTUBEの30年の軌跡を収めた全50曲収録の究極のオールタイムベストアルバムとなっている。
TUBEは過去に「TUBEst」「TUBEstⅡ」「TUBEstⅢ」という三枚のべストアルバムを発売しており、いずれもミリオンセールスを記録している。「TUBEst」は1985年~1989年までのシングルを中心に収録、「TUBEstⅡ」は1990年~1995年までのシングルを網羅したベスト第二弾、「TUBEstⅢ」はデビュー15周年を記念して1996年~1999年までのシングルを網羅したベスト第三弾と、これまで発売してきたベストアルバムは年代を区切った形の楽曲で構成されたベスト盤だった。今回、15年振りの第四弾となるベストアルバム「Best of TUBEst ~All Time Best~」は1985年のデビューから2015年までの30年の全時代の楽曲を収録した、30年にしてキャリア初となる“オールタイムベストアルバム”となっている。
TUBEはこれまでに、35枚のアルバムと57枚のシングル(いずれも6月リリースの最新作含む)をリリースしており、「あー夏休み」、「シーズン・イン・ザ・サン」、「夏を抱きしめて」などのヒット曲やTUBEを代表する夏ソングはもちろん、バラードの名曲や、野外ライブの定番曲などをDISC1:「T」(Tropical <トロピカル>)、DISC2:「U」(Unique<ユニーク>)、DISC3:「B」(Ballad<バラード>)、DISC4:「E」(Exciting<エキサイティング>)の4つのテーマに分けて4枚組全50曲を収録。
デビューシングル「ベストセラー・サマー」はもちろん、2015年の最新シングル「SUMMER TIME」も収録されており、全曲最新リマスタリングした全4枚組の超豪華ベスト盤は、家族で楽しむレジャーやドライブ、友人たち同士で楽しむホームパーティやBBQに欠かせない!この夏のマストアイテム!!