双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解までのプロセス

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

最後は、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしていました。

医師、社会と上手につきあっています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っていましたが

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業しました。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われ、寛解の維持を目指すことになりました。

2017年6月18日、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。

2017年7月1日、活動を休止しました。

2017年9月29日に就労移行支援事業所を退所しました。

2017年10月から就労継続支援A型事業所に通っています。医師の許可しだい、就職活動を開始します。

「意志あるところに道はある」宮里藍

僕は意見の違いから当事者会を去った、そして1年で寛解した、もうこのへんでやめにしないか、正しさを主張するのは(コメントあり)


白瀧先生


おはようございます。
今日もありがとうございます。


持論、自己主張が強い僕には耳が痛いです。
承認欲求と関係しますか。


かつさんへ


おはようございます。コメントありがとうございます。


そうですね。どうしても、私たちは、自分の正しさを相手に押し付けてしまいますよね。
もちろん、それは、自分の意見を認めてもらいたいという承認欲求の現れでもあります。
それと同時に、相手の意見を否定して自分の正しさを主張する場合は、相手との間に競争関係、つまりタテの関係を築いていると言えます。
そのために、相手に勝ちたい、相手を負かしたいという願望が強く表れていると言えます。