双極性障害と共に生きる仕事人かつの寛解までのプロセス

診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの障害者雇用で働くための情報の場にもなれたらとはじめたブログです。

(2016年6月19日)

そして、就労移行支援事業所とデイケア、診察、カウンセリング、音楽や本の紹介などが中心になりました。

最後は、自分の感情を音楽や本、記事などに表現したりしていました。

医師、社会と上手につきあっています。(Ⅰ型、病歴14年、入院3回、手帳2級)

2017年2月から、また、就労移行支援事業所にデイケアと並行しながら通っていましたが

2016年6月から通っていたデイケアを、2017年7月8日に卒業しました。

2017年6月17日、医師に、まだ、3、4ヵ月だが寛解していると言われ、寛解の維持を目指すことになりました。

2017年6月18日、にほんブログ村のランキングには参加しないことにしました。

2017年7月1日、活動を休止しました。

2017年9月29日に就労移行支援事業所を退所しました。

2017年10月から就労継続支援A型事業所に通っています。医師の許可しだい、就職活動を開始します。

「意志あるところに道はある」宮里藍

自分の人生を生きたほうが良くないか(コメントあり)


白瀧先生


すごく響きました。
ありがとうございます。
つまりは、承認欲求を捨てるということでしょうか。


かつさんへ


おはようございます。コメントありがとうございます。
そうですね。端的に言えば、承認欲求を捨てるということですが、承認欲求自体を捨てるのはなかなか難しいことだと思います。
ただ、多くの人たちが、単なる「欲求」であるものを「必要」だと思い込んでしまっています。
つまり、「他人に承認されなければならない」と思い込んでいるのです。
このねばならない思考が、自らを苦しめ身動きを取れなくしてしまっています。
それゆえ、「他人に承認されなければならない」というねばならない思考を手放すことができれば、自らの人生を歩むことができる、ということです。