「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」


これは、昔から勝負の世界でよく言われている格言である。
勝負ごとには「幸運な勝利」はあっても、「不運な負け」はない。
「負け」には何かしらの理由がある。
いったい何が負けの原因だったのか、きちんと検証し、反省する必要がある。
負けの原因を探ることによって、問題点や弱点、修正点などが鮮明になるということもある。
「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」の言葉どおり、負けには必然性があるのだから、何かを改善しなければならないはずだ。

こうした反省をしないと、おなじ間違いを何度も繰り返してしまう。

負けも進歩の一プロセスと考えてプラスの材料として、成長していこうとする姿勢が大切だと思う。